スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《愛情ホルモン・オキシトシンの負の側面》

《愛情ホルモン・オキシトシンの負の側面》



aijyou.jpg




このホルモンが分泌されると確かに相手に対する愛情や信頼感が高まります。



しかし、これは万人に対しての愛情ではなく



「自分の属しているグループ内の人間に対する愛情度のみが上がる」



という事が研究の結果、分かったそうです。



ある実験で、このオキシトシンを投与したアメリカ人の男性は



列車の事故(という設定下)において



アラブ人や東洋人よりも明らかに、欧米人を優先的に救助したそうです。



確かに、オキシトシンは家族愛・民族愛など人間にとって



大切なものを上昇させる効用があるのですが



同時にそれは排他的な側面を同時に持ってしまうことになるのですね。



(例で挙げると人種差別やナショナリズムなど)



こういった事も忘れないようにしておくと良いと思います。
スポンサーサイト

《体重計の雑学》

《体重計の雑学》


temp体重



日本の北と南では地球の重力がわずかに違うので、ヘルスメーターの設定が違います。



本州で体重60キロの人が北海道では59・95キロに、九州では60・05キロになってしまうのです。



(およそ100グラムの違い)



これは赤道に近付くと地球の自転による遠心力が重力と反対方向に、より強く働くためです。



ですので体重計にはその誤差を考慮して、実は北海道型と本州型と沖縄型があるんですよ~。



(ちなみにシンガポールでは東京よりも169gほど体重がかるくなるんですね。ダイエットしなくても軽くなるなんてお得!)



ちなみに畳とかじゅうたんとかに体重計を置いて測ると なぜか体重が増えます!(重さが1.2倍くらいに増える場合も)(笑)



これはなぜかと言うと、地面が硬い場合、地面の反発と体重計自体の重さは相殺されるのですが、



柔らかい場合には反動が起きてその分が体重計を押し上げることになるためです。



(良く分からない人は、ソファの上などに体重計を乗せて実際に計ってみて下さい!)

〔コーヒーの面白話〕

《古代ヨーロッパには、“コーヒーを大量に飲ませる”という刑があった!》


コーヒー



昔、ヨーロッパには罪人に刑罰としてコーヒーを飲ませるという刑があったそうです。



(昔コーヒーは苦味があるため、毒だと思われていたんですね。



苦み成分は「タンニン」によるものです。これが胃にもたれる原因とされています。)



スウェーデン国王のグスタフ三世という人が飲ませていたということです。



こんな刑罰はコーヒー好きの現代人なら全然平気ですが・・・。



ちなみにコーヒーは一日に20~30杯くらい飲み続けていると危険な状態になり



(カフェイン中毒症というのになって、心悸亢進・不整脈・筋肉のケイレン・


 
手足の発汗とシビレ・強い不安感など、パニック症状のようなものが起こるようです。)



一度に50杯以上を飲むと100人中50人が死ぬそうです。



(そんなに飲むのは不可能ですけどね。)(笑)

《なぜ生き物にはオスとメスがいるのか?》

《なぜ生き物にはオスとメスがいるのか?》




生物が自分の子孫を増やすのに、一番簡単な方法は細胞分裂で増やす事です。



(実際に地球上に生物が生まれたばかりの頃は、性の無い生物ばかりでした。)



→苦労して相手を探して、求婚する必要がないため「楽!」なんです・・・。



ただ、この方法だとまったく同じ自分のコピーしか作れないために



急激な環境の変化(気温の変化など)が起こった場合に



一族が全滅してしまう可能性があります。



なので自分と違う特徴を持っている相手を探して“お互いの良い所を分け合って



弱点や足りない所を補うため”に結婚して子孫を作るようになったのです。



(これが生物学的な見地からみた“結婚”の真の意味なんですよー



 皆さん。う~ん、深いなぁ・・・。)



このシステムが正しいのか、正しくないのかは現在のこの地球上に



オスメスが分かれている生物が、こんだけたくさんいるって事が証明していますよね。

《血は赤いのに、血管はなぜ「青」?》

《血は赤いのに、血管はなぜ「青」?》




血液の色は基本的に赤なので、体表からごく近い部分にある血管は赤く見えます。



(眼球や唇の裏なんかがそうです。)



しかし深い所にある血管の場合、皮膚や血管の壁を通して反射してくるために



青っぽく見えると言う事です。



ちなみに外から見える程度の深さの血管は、ほとんどが“静脈“です。



(静脈血は赤黒いために余計に青く見えてしまうのです。)



→例外として、手首や首の部分だけには体表から浅い部分に動脈が流れています。



 ですので、この辺りをナイフなどで切られるとブシューっと勢いよく血が流れて危険な訳ですね。



 (コワ~!!!)

女性の願望、肌の老化は防げるか?

《女性の願望、肌の老化は防げるか?》


お肌のお手入れには、「保湿」が大事であるとだれもが認識し始めている今日この頃。




でもそれなりの年齢になると、どうしても出てきて女性を悩ますのがシワやシミです。




「老化現象だからしかたないわー。」とあきらめがちですが




皮膚が萎縮して生じる”真の老化”とは違って




こちらは心がけ次第で予防できるのだそうです。




「ほんと?」と疑う前に、顔や手の甲と、お尻の肌を見比べてみてください。




皮膚の老化度の違いがはっきりとわかるはずです。




この違いは「光老化」といい、きめの粗いシワ、毛細血管の拡張




斑状の色素沈着と脱色。




これはすべて紫外線を浴びてしまった結果なのです。




「光老化」は自然の老化現象とは異なります。




つまり皮膚が紫外線にさえあたらなければ、お尻のように真っ白い肌でいられるのです。




また紫外線は、皮膚の老化を促進するだけではありません。




皮膚細胞の遺伝子や、免疫反応にかかわる皮膚内のランゲルハンス細胞を破壊し




発ガンしやすくもさせるのです。




皮膚がんは、浴びた紫外線量の二乗に比例して発症率があがるのです。




なので、日焼けサロンなどはもってのほかなのです。




というのも、生まれてから18歳までの間に




その人の一生涯の紫外線量の半分ほどはあびてしまうのです。




ただ、子供は外へ出て遊ぶことで成長していくのだから仕方がありませんが。




最近では紫外線の害がずいぶん知られてきましたが




強い日差しだけに紫外線が含まれるのではありません。




A紫外線という曇りの日でも、ガラス越しでも浸透してしまうものがあるのです。




つまり、お尻のような真っ白い肌を維持したいのなら




強い日差しの季節に外出するとき、日傘などで肌の露出を避けることはもちろん




曇りの日や日差しの差し込む屋内でも、日焼け止めを塗るなどの対策をすることです。




それが、将来の美容と健康の両面で役立つことになるのです。




人種や生活スタイルの違いでもさまざまな差がありますが




若い女性に現れる最初で最大の敵こそ太陽光線と言われています。




反面、年をとってふっくらするのはプラス要因となりうるそうです。




ふっくらすると、皮膚が膨らんで、シワになりにくいためだそうです。

こんなに怖い?!ペットボトル症候群

《こんなに怖い?!ペットボトル症候群》





ペットボトル症候群というものをご存知でしょうか?




これは若者に10年ほど前からよく見られるようになってきた病気で




清涼飲料の飲みすぎなどで、急性の糖尿病になってしまうものです。




ジュースの中には想像以上の糖分が含まれており




コーラ1本でスティックシュガー30本分(150グラム)の砂糖が入って おります。




(スポーツドリンクでは100グラム)




1日に摂取してよい糖分の量が20グラムですから、コーラ1本飲んだだけで




すでに許容量の軽く7倍以上採ってしまっていることになります。




また、 最近よく販売機などで見かける野菜ジュースにも大量の黒蜜や蜂蜜などが




含まれているので注意が必要です。




(考えてみたら野菜だけであんなに甘くなるはずがないですよね)




砂糖はすぐにに体内に吸収されるので、血糖値が急激に上がってしまいます。




すると体はこれを下げるために、インシュリンを大量に分泌します。




そして今度は低血糖状態になり、体がものすごくだるくなったり




イライラするようになってしまうのです。




近頃の子供たちがキレやすいと言われるのも




このような甘いジュースの取りすぎなどが関係しているのかもしれないですね。

テーマ : 生活に役立つ面白話
ジャンル : ニュース

女性の願望、肌の老化は防げるか?

《女性の願望、肌の老化は防げるか?》



お肌のお手入れには、「保湿」が大事であるとだれもが認識し始めている今日この頃。



でもそれなりの年齢になると、どうしても出てきて女性を悩ますのがシワやシミです。



「老化現象だからしかたないわー。」とあきらめがちですが



皮膚が萎縮して生じる”真の老化”とは違って



こちらは心がけ次第で予防できるのだそうです。



「ほんと?」と疑う前に、顔や手の甲と、お尻の肌を見比べてみてください。



皮膚の老化度の違いがはっきりとわかるはずです。



この違いは「光老化」といい、きめの粗いシワ、毛細血管の拡張、斑状の色素沈着と脱色。



これはすべて紫外線を浴びてしまった結果なのです。



「光老化」は自然の老化現象とは異なります。



つまり皮膚が紫外線にさえあたらなければ



お尻のように真っ白い肌でいられるのです。



また紫外線は、皮膚の老化を促進するだけではありません。



皮膚細胞の遺伝子や、免疫反応にかかわる皮膚内の



ランゲルハンス細胞を破壊し、発ガンしやすくもさせるのです。



皮膚がんは、浴びた紫外線量の二乗に比例して発症率があがるのです。



なので、日焼けサロンなどはもってのほかなのです。



というのも、生まれてから18歳までの間に



その人の一生涯の紫外線量の半分ほどはあびてしまうのです。



ただ、子供は外へ出て遊ぶことで成長していくのだから仕方がありませんが。



最近では紫外線の害がずいぶん知られてきましたが



強い日差しだけに紫外線が含まれるのではありません。



A紫外線という曇りの日でも、ガラス越しでも浸透してしまうものがあるのです。



つまり、お尻のような真っ白い肌を維持したいのなら



強い日差しの季節に外出するとき、日傘などで肌の露出を避けることはもちろん



曇りの日や日差しの差し込む屋内でも



日焼け止めを塗るなどの対策をすることです。



それが、将来の美容と健康の両面で役立つことになるのです。



人種や生活スタイルの違いでもさまざまな差がありますが



若い女性に現れる最初で最大の敵こそ太陽光線と言われています。



反面、年をとってふっくらするのはプラス要因となりうるそうです。



ふっくらすると、皮膚が膨らんで、シワになりにくいためだそうです。

サーカディアン・リズム

サーカディアン・リズム


サーカディアン・リズム』というのをご存知でしょうか?



これは昼寝て夜起きるというような人間の1日のリズムのことです。



このリズムについては面白い実験があり



ある成人男女を外部からまったく遮断された部屋に集めて



好きな時間に食事や睡眠を取らせるようにしたところ



1日25時間周期になってしまったのです。



(つまり1日に寝る時間が1時間ずつズレていく)



この結果を調べてみた所、潮の満ち引き(12.5時間周期で1日に2回起こ る)



とピッタリ一致することが分かったのです。



また、北極に住むイヌイットは



(ご存知のように北極では夏は1日中昼間で、冬は 1日中夜が続きます)



1日という概念がなく、赤ちゃんのように短時間で寝たり起きたりを繰り返します。



村中で全員同時に寝ているという時間がなく



いつも誰かが 起きたりしているのです。



この違いをコントロールして人間を環境に合うように調節しているのは



太陽の光であるようです。



これは、海外旅行などをして時差ぼけを治すのに



一番効果的な方法が「日光を浴びること」であることからも分かります。



太陽が無い所では月のリズム(潮の満ち引き)



日の照っている所では太陽のリズム。



人間とは、なんとも神秘的な生き物ですよね。

ダイエットを始めるのに良い日は?

ダイエットを始めるのに良い日は?


女性は男性に比べて甘い物が好きな人が多いようですが


この「甘い物が欲しくてたまらない!」という欲求は


月経周期に合わせて変化しているようです。


一般的に言って生理前の10日間程は


甘い物の誘惑に負けやすい時期で


普段より平均500カロリーほど余分にとっています。


生理前の期間は基礎代謝が上がって消費カロリーも多くなるため


この程度のカロリーなら十分に消化してしまえますが


それを差し引いても食べ物の誘惑に負けやすいこの時期に


ダイエットを始めると挫折してしまうことが多いようです。


実際、月経前にダイエットを始めた女性は


他の時期に始めた人に比べて挫折する率が5倍になる


という実験結果があります。


逆に、ダイエットを始めるのに最も良いのは


生理直後です。


女性は(そうでない人もおりますが)


生理の後から排卵の頃まで甘い物に対する欲求が減ります。


ですのでこの時期にダイエットを始めると成功する確率が高いのです。


ちなみに、生理前に体重が1~2キロほど増えることがあるのは


甘い物に負けてカロリーをとり過ぎたというより


体が生理に備えて余分に体液などを蓄えるためです。


生理が始まれば体重は元に戻るので心配はありません。

昔の女性は自由に月経血を止められた?

《昔の女性は自由に月経血を止められた?》



昔の女性(今、生きていれば95歳くらいの人)は


生理の血を自分の意志で自由に止められたって、ご存知でしょうか?


衝撃的っていうか"信じられない"ですよねー。でもホントなんです。


考えてみれば昔はナプキンとか生理用品なんかは無いし


「昔の人はどうしてたのかしら?」って思ったことありません?


今でも芸者さんなんかの花街で、年配の芸者さんは


ご存知らしいのですが昔は生理が来ると、清潔な"ちり紙"


(綿花という説もある)をクルクルと小さく丸めて


詰めて生理用品の代わりにしていたらしいのです。


(昔のトイレにはこのような紙を丸めて作った小さな球が


 入った入れ物が、置いてあったそうです。)


もちろんそんなのだけでは、漏れてしまうのでグッと


下腹部に力を入れて膣口を締めます。


そしてある程度、月経血がお腹に溜まってくると


トイレに行って"栓"であるちり紙と一緒に「ポン」と出すという事です。


(昔の日本人は体の感覚が優れていたので


 血が溜まって来るのも感じられたし、自由に締めたり緩めたり


 できたそうです。)


「えっ!トイレで出さないのならどこで出すの?」って感じですよね。


要するに生理というのも、トイレで「大・小」をするのと同じように


体の"排泄行為"の一種であると、とらえていたわけですね。


(整体でも生理というものは、女性の体に溜まった毒を


月に一回出す"毒出し"として捉えています。


出産も排泄行為なので、「促進剤など使わない本来の自然な形での出産」


は産後にとてもスッキリした爽快感があり、気持ちの良いものになりうるそうです。)


こういった話は世界各地にあり、ポリネシアの人々は思春期になると


フリーセックスになるそうなのですが、意にそぐわない男性とでは


まったく妊娠せずに「ああ、この人と結婚したい!」


と思った人とだけ妊娠する!(驚)そうです。イヤ、凄い。本当に凄い・・・。


というのも、やはり彼女たちは現代の女性では持ち得ない


優れた身体感覚(と代々その民族に伝えられた知恵)があり


「あ、今、右の卵巣から排卵した。」っていうのが分かるそうなんですね。


だからその時期だけは気を付けることによって


自由に妊娠を調節できるそうです。


(感覚的に確実に分かるので、絶対に間違いがないそうです。)


もともと女性は、いつ排卵が来たか分かる感性を持っていたという事です。


ある産婦人科医の研究によると今の女性は便利なナプキンが


あるためか、ようするに「垂れ流し」状態になってしまっているのですが


これには骨盤の下にある"骨盤底筋"の力が弱くなってしまっているために


このような本来ならできていたコントロールが


できなくなってしまっているそうです。


(最近若い女性に増えてきた"尿漏れ"もここに原因があるそうです。)


このままで行くと人類は何百年か後には排泄さえもコントロール


できなくなって、大人になっても「オムツ」するように


なっちゃうかもしれません。(キャー、怖い・・・。)


このような「月経血をトイレで出す」という(つまり骨盤底筋の)


トレーニングは現代女性でも不可能ではないそうです。


さらにこれを続ける事により、下半身が締まり


下腹部がポコっと出ているのがへこみ、姿勢まで良くなるそうです。


もう少し、これらの事について知りたい方は


以下の本に詳しく書いてありますので


興味がある方は読んでみると良いかもしれません。


しかし、本当に人間の体ってスゴイものですねー。



「オニババ化する女たち」     三砂ちずる著(光文社新書)

なぜ人間には右利きが多いの?

《なぜ人間には右利きが多いの?》



 “利き腕”というのは人間だけにあるものであって


チンパンジーやゴリラには、明確な利き腕がありません。


これは右手の機能を司る左脳の方が


左腕を司る右脳より先に進化したためです。


つまりヒトは左脳が発達することによって


言語や論理的思考ができるようになり


猿などと明確な違いができたのです。


これは現代人の祖先であるクロマニオン人の頃に現れました。


この左脳が進化した猿(つまり右利き)が圧倒的に生存競争に有利になり


子孫を増やしました。


(論理的な思考ができるようになったおかげで


獲物を取るための道具などを工夫するようになり


よりたくさんの獲物を効果的に狩ることができるようになったのです。


また“言葉”を使えるようになったおかげで


情報伝達能力も飛躍的に上がったのですね。


これは集団で狩をするのに大変、有利に働きます。)



ちなみに“左利き”についてですが


右利きの猿が増えると今度はその子孫には


ごく一部の者に変異が見られます。


その変異によって今度は左右が逆転した左利きがうまれました。


これは確率的には、「利き腕のない猿」から「右利きの猿」があらわれるよりも


はるかに簡単な遺伝子の変異によって産まれるので


十分にありえることなのです。


(全ての生物の遺伝子は常にあらゆる可能性を模索していると言えるでしょう。)



現在の世の中では比較的“言語(情報伝達)能力・計算処理能力 ”に優れ


“論理的思考”が出来る者がより生存競争に有利と言えるかもしれませんが


時代が進んで“直感・ひらめき・感覚“や“イメージ・感情“に長けたものが


有利な世界に世の中が変化していった場合


「適者生存」の法則が働いて


今度は逆に「左利き」の人が増えるかもしれませんね。

走ると脇腹が痛いのはなぜ?

《走ると脇腹が痛いのはなぜ?》





原因はいくつかありますが、1つめは“横隔膜の痙攣(ケイレン)”です。


運動不足の人が急に普段使わない筋肉(横隔膜は呼吸をするのに使われる筋肉です。)


を使った事によって、つるような感じになるのです。


対策としては、運動前によく筋肉を伸ばしてから走る事ですね。


2つめは“脾臓の急激な収縮による痛み”です。


脾臓は古くなった赤血球を破壊する機能の他に、体内の余分な血液を


蓄えていて、運動時に酸素を含んだ血液を、必要な筋肉に送り出す機能を


持っています。


(血液の貯蔵と全身の血流量の調節ですね。)


これが急激に行われると一気に脾臓が収縮して、つるような痛みになるわけです。


対策としては走る前にその場で30秒~1分ほどジャンプなどをして


「これから体を動かしますよ!」という事を体に伝えてから、走る事です。


また、おなかにサラシや布などを強めに巻いておくと予防になります。


もし、痛くなってしまった場合は、体を横に倒して痛い方のお腹を


良くストレッチしましょう。


(食後すぐに走ったりする場合には、胃などの消化器に大量に血液が


奪われてしまうために、余計に脾臓に血液が足らなくなって


腫れてしまうために、痛みがひどくなってしまうのですね。


鉄分が普段足りてない人は、さらにこの症状がきつくなってしまうようです。)


そして3つめは、酸素が急激に使われてしまうために


小腸の周りの血行不良や酸素不足が起こって


痙攣したりガスがたまったりするために痛くなる事があります。


この場合は、走るペースを落として大きめに深呼吸をすると良いようです。

筋トレをすると背が伸びなくなる?

《筋トレをすると背が伸びなくなる?》



結論から言いますと、“適度な運動は身長を伸ばすのに有効であるため

筋トレをしたからと言って、背が伸びにくくなるという事はありません。

身長を伸ばす事に関係するファクターは、たくさんありますが

重要な要素は「睡眠」「食事」「運動」の三つです。

(これに先天的な要素として「遺伝」が加わります。)

まず、「睡眠」ですが、ヒトの体は午後10時から午前2時にかけての

時間帯に一番成長ホルモンが出るために

この時間にしっかり寝ると身長が伸びやすいようです。

次に「食事」で重要なのは

カルシウム

(直接、身長を伸ばすのに関係はありませんが骨自体を丈夫

にするので有効です。)

たんぱく質(骨芽細胞の原形質の主成分)になります。

よく言われている“牛乳を毎日飲むと背が伸びる”というのは

カルシウムを取るというよりは、たんぱく質の補給に効果があるようです。

他には、ビタミンA・B・D・K、亜鉛、マグネシウム、コラーゲンなどの摂取が

身長を伸ばすのに有効であると言われています。

そして「運動」についてですが、 筋力と骨量は密接な関係をもっていて

運動する事によって骨に圧力がかかると骨量が増えていきます。

これは機械的な圧力が骨に加わることによって

、内部に電気的な刺激が生じて骨芽細胞が活性化されるためです。

(宇宙飛行士が無重力空間で長い間暮らした後に

体中の骨からカルシウムが流れ出してしまう話は有名ですよね。

あれも同様の原理です。)

また、あるテニス選手の左右の腕の骨量を測ってみたところ

利き腕の方が反対の腕よりも10%前後、骨量が多かったという

データもあります。

つまり運動する事によって、骨は丈夫になることは確かです。

さらに“正しい方法で適度な筋トレをした”子供と

しない子供では、筋トレをした子供の方が身長の伸びる平均が

高かったという事もデータとして出ているようです。

(これは運動する事によって成長ホルモンの分泌が促進されるからです。)

よって、身長を伸ばすためには正しい方法で適度な筋トレを

行う方が良いようです。

(ただし、あまり重いバーベルなどを使ったウェイトトレーニングは

骨の成長部分である両端の軟骨を傷つけてしまい

逆に身長の伸びを阻害してしまうため注意しましょう。)


男性にも生理がある??

《男性にも生理がある?》


“生理”は女性だけのものだと思われているかもしれませんが

男性にもキチンと周期性を持った体のリズムがあります。

これは「睾丸周期」と呼ばれ、この周期にしたがって精子の生産量や

性欲に変化が訪れるようです。

また整体の見地から見ると、男性にも女性の場合と同じように

骨盤が開いていく弛緩期と閉じていく収縮期があり

収縮期には集中力が増して仕事などの効率が上がるようです。

(女性で言うと“排卵期”にあたります。精子の生産量もこの頃増えます。)

男性の場合は女性ほどダイナミックな骨盤の動きをしているわけでは

ありませんが、確かに変化しているようです。

(朝と夜でも骨盤の開きは違っており、朝方のほうが夜よりも

骨盤は締まっています。これは前日に十分な睡眠を取った場合に

顕著に出るようです。)

これをうまく利用すれば、大事な業務や決定事項などを自分の体の

好調な時に行なって、仕事の効率のアップを図る事も可能かもしれません。

風邪の時でも風呂に入ったほうが良い?

《風邪の時でも風呂に入ったほうが良い?》




風邪を引いたときにお風呂に入ってはいけないというのは


程度にもよりますが基本的に誤りです。


風邪の時に熱が上がるのはウィルスを撃退するために


白血球などの働きが活発になるからです。


体温を上げるとこれらにプラスになるので良いとされています。


しかし熱いお湯に短時間入るのではなく、多少ぬるめのお湯


(39~41度くらい)にゆっくりつかって芯まで温めるのが良いようです。


風邪の症状にもよりますが、最近は軽度の風邪なら、入浴は禁止されません。


入れるくらいの症状・体力があれば、長湯・湯冷めに注意して


むしろ入浴で体を清潔に保ち代謝を活発にしたほうが早く治るそうです。


では、なぜ体温が上がるのかと言いますと、ウイルス等は熱に非常に


弱い性質を持っています。


体が体温を上げて一生懸命ウイルスを殺そうとしているといわれています。


つまりウイルスにとってより生存、繁殖しにくい過酷な環境を作り出そうと


しているのです。


体温を上げることによって、リンパ球、キラー細胞などの


主要なウイルスバスターたちの補助になります。


(つまり、熱でウイルスを弱らせれたり、熱だけで少しウイルスを殺せたり


繁殖を抑えたりできればそれだけリンパ球などの仕事が減ります。)


ですが、体温をあげるためには体力を消耗します。


(下げるにも消耗しますが。)


体内に蓄えられたエネルギーを化学反応によって消費し


体温をあげていまので体力に余裕があれば


お風呂にはいって体を温めれば体力の消費を抑えられます。

 
ただ、風邪のとき、リンパ球等がウイルスの活動に押されていると


(リンパ球などがウイルスの処理に追いつかないと)


体は体温をより上げてウイルスを抑えようと(殺そうと)します。


高熱はウイルスに有効ですが、体の細胞にとっても高温は危険です。


特に40度を越えてしまうとかなり危ないです。


なので、39度、40度を超える熱がある場合は体の機能を保つためにも


冷やすほうが有効になります。

 
37度や38度程度であれば、体にもそこまで負担がかかっていないし


ウイルスに対しても有効な状態なので、解熱剤など使わずに


いるほうがいいかと思われます。


(むしろウイルスを退治するのに適切な体温だと思います。)


風邪のときにでる熱は体を守ろうをしてくれる立派な防衛機能なのです。


焦げた物を食べるとガンになる?

《焦げた物を食べるとガンになる?》




人間は焦げたトーストや魚を食べたくらいでは癌になりません。
 
たんぱく質が焦げると発ガン性の物質が生成されることが

判明して以来このようなことが言われてきました。

これが原因で癌になるには毎日1トン以上摂取する必要があります。

動物性たんぱく質(正確にはトリプトファンやチロシンといったアミノ酸)が

焦げる時に、ヘテロサイクリックアミンという強力な発ガン物質に

変化します。

お米などの炭水化物、野菜や果物の焦げは安全と言われています。

世界の15人のガン研究者が「ガン予防14カ条」というのを発表しました。

以下がそうです。

  第1条 植物性食品を中心とした食事
  第2条 肥満を避ける
  第3条 運動の維持
  第4条 野菜・果物を1日400g~800gとる
  第5条 穀類・芋・豆を1日600g~800gとる
  第6条 お酒は適量
  第7条 赤身の肉は1日80g以下
  第8条 脂肪は控える
  第9条 塩分は1日6g以下
  第10条 カビ毒に注意
  第11条 食品は腐らないよう冷蔵庫に保存
  第12条 食品添加物や残留農薬に注意
  第13条 黒こげの物は食べない

13条ですが、もちろんおこげを食べただけでガンになることは

ないそうです。 

ただそれが塩分と結びつくとこげパワーが発揮されるようです。

具体的には過剰な塩分を摂取することによって胃や食道の粘膜が

傷つけられ、その傷ついたところにこげに含まれる発ガン物質が

悪さをしてくる、というメカニズムのようです。

いずれにせよ、毎日茶椀1杯の焦げを摂取しない限り

心配することはないでしょう。


涙に味の違いがあるって本当?

《涙に味の違いがあるって本当?》



涙は、交感神経と副交感神経が涙腺を刺激して出てきます。」

この時、主に交感神経が働くと塩辛くなります。

怒ったときの悔し涙がそれです。

逆に副交感神経が働くと、水分が多くなり水っぽい涙になります。

これは悲しいときにでる涙です。涙は自律神経と大きな関係があります。


グレープフルーツジュースはだめなの?

グレープフルーツはよくてグレープフルーツジュースはだめなの?



種類の異なる薬を同時に飲むと、薬効が以上に増強されたり、逆に衰弱したりすることがあります。

なにもこれは薬同士のものに限られたものではありません。

飲食物の食べあわせや飲みあわせで、薬効に悪影響を起こすことが少なくありません。

その中でももっとも影響力が強いのが、グレープフルーツです。
 
口から飲む薬を服用する際、グレープフルーツジュースで飲んだり、

一緒にグレープフルーツを食べたりすると、薬物の血中濃度が上昇して、

薬の効力が極端に上がってしまう危険性があるのです。
 
これは、グレープフルーツに含まれる「フラノクマリン物質」というものが、

薬を分解する小腸の酵素の作用を強く阻害することでう薬物の代謝が遅くなり、

吸収が極端に高まるためとされています。
 
小腸の酵素で代謝されやすい薬には、代表的な降圧薬である

「カルシウム拮抗薬」が挙げられます。この他、グレープフルーツが薬物相互作用を起こすのは、

抗アレルギー薬、高脂血症薬、免疫抑制剤、睡眠薬、抗不安薬など数多くあります。

時には20倍も薬効を強めることで、命にかかわる事故もおきているのです。
 
ところが、なぜか日本の医療機関では、グレープフルーツの危険性は指導されても、

グレープフルーツそのものに対しては構わないとされていることが多いのです。
 
では、グレープフルーツジュースとその原料である果物のグレープフルーツとは中身が違うのでしょうか?

しかし、果汁100%のジュースはコップ1杯あたり、1個強のグレープフルーツ果肉だけを絞って

作っているそうです。なので、果実も絞ったジュースも作用はまったく同じであり、

当然薬物相互作用が働きます。
 
なぜ、グレープフルーツジュースばかりが注意されてしまっているのでしょうか?

確かにグレープフルーツに関する薬物作用の研究では、

グレープフルーツジュースが多く使われているという報告があります。

しかしそれは、服用時に水の変わりに飲まれがちなグレープフルーツジュースに

焦点をあてたのであって、それが「果物のほうは安全なのだ」という拡大解釈になってしまっているようです。

最近では、果物のグレープフルーツにも相互作用があることが実証されており、薬を飲んでいる人は、

グレープフルーツを避けるのが原則と警告しています。
プロフィール

snchiryozathu

Author:snchiryozathu
新宿西口治療院からの雑学です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。