スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜂に刺されたらおしっこをかけるって?

《蜂に刺されたらおしっこをかけるって本当?》




これは昔、刺された後にアンモニア水をかけることから来たもので


実際はあまり効果が無いそうです。


通常の治療は抗ヒスタミン剤を含んだステロイド軟膏を塗ることが


有効のようです。蜂の毒は殆ど中性に近い為、アンモニア等で中和しても


効果は無いそうです。


対処の仕方としましては、まず、刺された箇所に針が残ってる場合は


針を抜きます。


そして傷口から毒が入っているために毒を出さなければならないのですが


まずは傷口を水で良く洗い流してください。


そして傷口から毒を絞り出すのですが、口で吸った場合は必ず吸った毒は


吐き出し、その後口をゆすいでください。


あとは抗ヒスタミン剤(虫刺されの薬はほとんどこれです)を塗った上で


病院に行く事をお勧めします。

スポンサーサイト

風邪の時でも風呂に入ったほうが良い?

《風邪の時でも風呂に入ったほうが良い?》




風邪を引いたときにお風呂に入ってはいけないというのは


程度にもよりますが基本的に誤りです。


風邪の時に熱が上がるのはウィルスを撃退するために


白血球などの働きが活発になるからです。


体温を上げるとこれらにプラスになるので良いとされています。


しかし熱いお湯に短時間入るのではなく、多少ぬるめのお湯


(39~41度くらい)にゆっくりつかって芯まで温めるのが良いようです。


風邪の症状にもよりますが、最近は軽度の風邪なら、入浴は禁止されません。


入れるくらいの症状・体力があれば、長湯・湯冷めに注意して


むしろ入浴で体を清潔に保ち代謝を活発にしたほうが早く治るそうです。


では、なぜ体温が上がるのかと言いますと、ウイルス等は熱に非常に


弱い性質を持っています。


体が体温を上げて一生懸命ウイルスを殺そうとしているといわれています。


つまりウイルスにとってより生存、繁殖しにくい過酷な環境を作り出そうと


しているのです。


体温を上げることによって、リンパ球、キラー細胞などの


主要なウイルスバスターたちの補助になります。


(つまり、熱でウイルスを弱らせれたり、熱だけで少しウイルスを殺せたり


繁殖を抑えたりできればそれだけリンパ球などの仕事が減ります。)


ですが、体温をあげるためには体力を消耗します。


(下げるにも消耗しますが。)


体内に蓄えられたエネルギーを化学反応によって消費し


体温をあげていまので体力に余裕があれば


お風呂にはいって体を温めれば体力の消費を抑えられます。

 
ただ、風邪のとき、リンパ球等がウイルスの活動に押されていると


(リンパ球などがウイルスの処理に追いつかないと)


体は体温をより上げてウイルスを抑えようと(殺そうと)します。


高熱はウイルスに有効ですが、体の細胞にとっても高温は危険です。


特に40度を越えてしまうとかなり危ないです。


なので、39度、40度を超える熱がある場合は体の機能を保つためにも


冷やすほうが有効になります。

 
37度や38度程度であれば、体にもそこまで負担がかかっていないし


ウイルスに対しても有効な状態なので、解熱剤など使わずに


いるほうがいいかと思われます。


(むしろウイルスを退治するのに適切な体温だと思います。)


風邪のときにでる熱は体を守ろうをしてくれる立派な防衛機能なのです。


近視の人が老眼にならないって本当?

《近視の人が老眼にならないって本当?》




老眼イコール遠視で、近視の人が老眼になると中和されるため

老眼になりにくいという噂があるようですが、これは違います。

近視は目の中の水晶体が何かの問題で焦点が合わなくなるために起こり

それに対して老眼は老化によって調節機能自体が衰えるものです。

近視は酷使によって目の毛様体筋(カメラのレンズにあたります)

が緊張してしまい、硬直化することによって起こります。

酷使した後でも、筋肉を良くほぐしていればいいのですが

そのままにしておくと、筋の伸縮能力は、ほとんどなくなり

レンズの調節が出来なくなります。

本や、TV、PCはいつも近い距離から見ています。

この近距離に焦点が合った状態で、筋肉が硬化してしまうため、近視となります。

焦げた物を食べるとガンになる?

《焦げた物を食べるとガンになる?》




人間は焦げたトーストや魚を食べたくらいでは癌になりません。
 
たんぱく質が焦げると発ガン性の物質が生成されることが

判明して以来このようなことが言われてきました。

これが原因で癌になるには毎日1トン以上摂取する必要があります。

動物性たんぱく質(正確にはトリプトファンやチロシンといったアミノ酸)が

焦げる時に、ヘテロサイクリックアミンという強力な発ガン物質に

変化します。

お米などの炭水化物、野菜や果物の焦げは安全と言われています。

世界の15人のガン研究者が「ガン予防14カ条」というのを発表しました。

以下がそうです。

  第1条 植物性食品を中心とした食事
  第2条 肥満を避ける
  第3条 運動の維持
  第4条 野菜・果物を1日400g~800gとる
  第5条 穀類・芋・豆を1日600g~800gとる
  第6条 お酒は適量
  第7条 赤身の肉は1日80g以下
  第8条 脂肪は控える
  第9条 塩分は1日6g以下
  第10条 カビ毒に注意
  第11条 食品は腐らないよう冷蔵庫に保存
  第12条 食品添加物や残留農薬に注意
  第13条 黒こげの物は食べない

13条ですが、もちろんおこげを食べただけでガンになることは

ないそうです。 

ただそれが塩分と結びつくとこげパワーが発揮されるようです。

具体的には過剰な塩分を摂取することによって胃や食道の粘膜が

傷つけられ、その傷ついたところにこげに含まれる発ガン物質が

悪さをしてくる、というメカニズムのようです。

いずれにせよ、毎日茶椀1杯の焦げを摂取しない限り

心配することはないでしょう。


涙に味の違いがあるって本当?

《涙に味の違いがあるって本当?》



涙は、交感神経と副交感神経が涙腺を刺激して出てきます。」

この時、主に交感神経が働くと塩辛くなります。

怒ったときの悔し涙がそれです。

逆に副交感神経が働くと、水分が多くなり水っぽい涙になります。

これは悲しいときにでる涙です。涙は自律神経と大きな関係があります。


アルカリ食品を食べると身体がアルカリ性になる?

《アルカリ食品を食べると身体がアルカリ性になる?》




酸性体質は身体に良くないから、アルカリ性食品を食べて身体をアルカリ性にして

健康になろうとよく聞きますが、これは正しくありません。

食品の酸性・アルカリ性は、食品を燃やした灰を水中に入れて溶出成分を含む

水溶液を調製し、その水溶液が酸性かアルカリ性かで分類されています。

この検査では食品を燃やす際、700℃以上の高温で急激な酸化反応を起こすため

体内で進行するエネルギー生産プロセスとの類似性は低いですし

理論としても燃焼によって食品を酸化させれば、体内に蓄積される

「燃え残りの量」を推定できるのではないかという仮説に基づくものです。

そもそも人間のエネルギー生産と物が燃える場合とはシステムが違いますし

食品によって体のペーハーがどちらかに傾く事はありえません。

食品が人体に与える影響は、含まれている元素の問題ではなく

含まれている化合物の問題です。

例えば、食塩(塩化ナトリウム)は生命活動に欠かせない化合物ですが

金属ナトリウムや水酸化ナトリウムは同じナトリウムの化合物であるにもかかわらず

猛毒です。

このような観点から考えれば、燃焼という化学反応を経た灰から食品を分類するのは

妥当ではありません。
プロフィール

snchiryozathu

Author:snchiryozathu
新宿西口治療院からの雑学です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。