スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間は何人まで子供を産める?

《人間は何人まで子供を産める?》


現在までに報告されている、出産の最大の人数は


ロシア人の奥さんの記録で「69人」です。


この内訳は1725年から1765年の40年間で27回の出産を行い


四つ子を4組、三つ子を7組、双子を16組も産んでいます。


(一人産むのでも大変なのに・・・。)


さらにその旦那さんは、奥さんが亡くなった後すぐに再婚し


次の奥さんにも18人の子供を産ませているという豪傑です。


と、いうことはこの人の子供は87人もいる事になりますね。


ちなみに最高齢の出産は66歳でルーマニアの女性です。


2005年1月に体外受精をして帝王切開で出産をしたそうです。


(自然な妊娠による出産はブラジルの65歳です。


それでもスゴイですが・・・

スポンサーサイト

なぜ人間には右利きが多いの?

《なぜ人間には右利きが多いの?》



 “利き腕”というのは人間だけにあるものであって


チンパンジーやゴリラには、明確な利き腕がありません。


これは右手の機能を司る左脳の方が


左腕を司る右脳より先に進化したためです。


つまりヒトは左脳が発達することによって


言語や論理的思考ができるようになり


猿などと明確な違いができたのです。


これは現代人の祖先であるクロマニオン人の頃に現れました。


この左脳が進化した猿(つまり右利き)が圧倒的に生存競争に有利になり


子孫を増やしました。


(論理的な思考ができるようになったおかげで


獲物を取るための道具などを工夫するようになり


よりたくさんの獲物を効果的に狩ることができるようになったのです。


また“言葉”を使えるようになったおかげで


情報伝達能力も飛躍的に上がったのですね。


これは集団で狩をするのに大変、有利に働きます。)



ちなみに“左利き”についてですが


右利きの猿が増えると今度はその子孫には


ごく一部の者に変異が見られます。


その変異によって今度は左右が逆転した左利きがうまれました。


これは確率的には、「利き腕のない猿」から「右利きの猿」があらわれるよりも


はるかに簡単な遺伝子の変異によって産まれるので


十分にありえることなのです。


(全ての生物の遺伝子は常にあらゆる可能性を模索していると言えるでしょう。)



現在の世の中では比較的“言語(情報伝達)能力・計算処理能力 ”に優れ


“論理的思考”が出来る者がより生存競争に有利と言えるかもしれませんが


時代が進んで“直感・ひらめき・感覚“や“イメージ・感情“に長けたものが


有利な世界に世の中が変化していった場合


「適者生存」の法則が働いて


今度は逆に「左利き」の人が増えるかもしれませんね。

プロフィール

snchiryozathu

Author:snchiryozathu
新宿西口治療院からの雑学です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。