スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厄年の根拠はあるの?

《厄年の根拠はあるの?》




厄年は男性が25歳、42歳、60歳で女性が19歳、33歳です。


単なる迷信だと感じる方もおられると思いますが


これにはちゃんとした根拠があるのです。


まず、男性の25歳は成長期が終わり、成人病(生活習慣病)


へ向けて体が老い始める時期。


また、ちょうど新入社員で入った会社の仕事にも慣れたころで


付き合いのお酒や夜ふかしで(なまじ無理が効くため)


体を痛めつけやすい年齢でもあります。


42歳は動脈硬化が始まりますし


社会的にも中間管理職になるなど上下関係の


板ばさみになることも多く


無理をしやすい年齢ではないでしょうか。

60歳は、多くの人が定年を迎える年齢ですね。


生活のリズムが変わったり


老年期の入口で心臓病やガンの心配もあります。


一方、女性の19歳はかつては結核の発病時期でした。



33歳はと言えば、ちょうど出産を終えるころ。


何かと体の不調を訴えやすい時期です。


つまり、体の生理的なメカニズムから言っても


人生のサイクルから言っても、厄年は転換期。


何かと不幸が起こりやすい時期であるということなのです。


「厄年なんて迷信だ!」


なんて笑い飛ばさず、この時期には


一度自分の体を見つめ直してはいかがでしょうか。



スポンサーサイト
プロフィール

snchiryozathu

Author:snchiryozathu
新宿西口治療院からの雑学です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。