スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔コーヒーの面白話〕

《古代ヨーロッパには、“コーヒーを大量に飲ませる”という刑があった!》


コーヒー



昔、ヨーロッパには罪人に刑罰としてコーヒーを飲ませるという刑があったそうです。



(昔コーヒーは苦味があるため、毒だと思われていたんですね。



苦み成分は「タンニン」によるものです。これが胃にもたれる原因とされています。)



スウェーデン国王のグスタフ三世という人が飲ませていたということです。



こんな刑罰はコーヒー好きの現代人なら全然平気ですが・・・。



ちなみにコーヒーは一日に20~30杯くらい飲み続けていると危険な状態になり



(カフェイン中毒症というのになって、心悸亢進・不整脈・筋肉のケイレン・


 
手足の発汗とシビレ・強い不安感など、パニック症状のようなものが起こるようです。)



一度に50杯以上を飲むと100人中50人が死ぬそうです。



(そんなに飲むのは不可能ですけどね。)(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

snchiryozathu

Author:snchiryozathu
新宿西口治療院からの雑学です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。