スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《「擬音語」と「擬態語」の違い》

《「擬音語」と「擬態語」の違い》



擬態語



皆さん「擬音語」と「擬態語」の違いって説明できますか?



ざっくばらんに言えば「擬音語」は“ニャーニャー”とら“ピーヒャラリ”



みたいな実際に出る音を言語化したものです。



でもって「擬態語」とは“イライラ”とか“キラキラ”とか音は出ないけど



その状態を言葉として表したものです。



(“トコトコ”とか“ウヨウヨ”も、そーです。)



日本語って世界的に見ても、すっごく擬態語が多くて興味深い言語らしいですよ!



(やっぱり日本人の“感性”って凄いなあ。日本人に産まれた事を



 こういう時に誇りに思いますね。)
スポンサーサイト
プロフィール

snchiryozathu

Author:snchiryozathu
新宿西口治療院からの雑学です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。